豊中市上野西の内科・外科・予防接種・オゾン療法の「かねしろクリニック」です(労災保険指定医療機関/市立豊中病院、豊中緑ヶ丘病院 登録医)

創傷処置(湿潤療法)に関して

創傷処置(湿潤療法)に関して

  • 消毒液は悪い菌もやっつけるかもしれませんが、細胞障害性があるので創を良くする細胞までやっつけてしまうので創には良いとは言えず、菌は目には見えませんが、いたる所に存在して無菌にすることはできませんので水道水での洗浄で十分です。
  • 皮膚が傷つくと浸出液が出ますが、ドロッとしていると膿と思うかもしれませんが、膿というのは感染性の浸出液の事を指しますので疼痛、発赤、熱感、腫脹という炎症所見を伴いますが、このような炎症所見が存在しない場合、感染は無いと考えて差し支えありません。
  • 浸出液の中に細胞成長殖因子という創を良くする成分が含まれていますが、創にガーゼを充てると細胞成長因子がガーゼに吸われて創を良くすることを妨げ、更にガーゼが創に付着してガーゼを剥がす時に折角、張ってきた皮膚がガーゼ側に付いて一緒に剥がされて、時には出血することもあるのでガーゼを使用することも良くありません。
  • 以前は創を乾燥させて、かさぶたが出来て治ると考えられていた時期がありますが、最近では、かさぶたを作るとその下で何が起きているか見えませんので、かさぶたの下で菌が繁殖することもありますので、かさぶたを作らずに治す方法が推奨されています。
  • 浸出液が多すぎて周囲の皮膚が柔らかく、ふやけてしまうのも良いとは言えず、創を良くするには創面に適度な潤い環境を保つ事が最善で、適切な創傷被覆剤を使用することが必要です。
  • 創があるとヒリヒリとした痛みを伴うことが多いと思いますが、それは浸出液が蒸発する時の気化熱のせいですので、創を密閉するだけでもヒリヒリ感は改善します。
  • こういう治療法を湿潤療法と言い、最近ではキズパワーパッドという商品がCMでも紹介されていて薬局でも手軽に手に入れる事ができます。
  • 湿潤療法の基本を理解していれば通院する必要もありませんのでキズパワーパッドなどの適切な創傷被覆剤を購入して、ご自身で水道水を使って創を洗浄して交換されても構いませんが、創の観察のためにも1日1回は交換されることをお勧めします。
  • 処置に不安がある時や、ご自身で処置をされて感染兆候を認める際は受診して下さい。
  • INFORMATION

    診療時間 日祝
       午前8:00~12:00
     午後3:00~7:00

    ★は午前9:00~12:00
    ※日曜、祝日は所用のため休診する場合もございますので、ご来院前にお電話で確認をお願いします。

    休診日

    土曜・日曜・祝日午後・火曜

    所在地

    〒560-0011
    大阪府豊中市上野西
    2丁目20-27
    エスコート本田1F


    大きな地図で見る
    阪急バス「上野東三丁目」
    バス停スグ
    (阪急「豊中」駅よりバスで10分)

    TEL

    お気軽にお問い合わせください。
    06-6850-0881

    Copyright © 2017 かねしろクリニック All Rights Reserved.